NIWA MAGAZINE

  1. exnibition
  2. trip

「12ヶ月の星ごよみ」vol.16 雨水  文/若杜 知美

20170218

vol.16「雨水」  2017/2/18-2017/3/19

 

 

太陽が一年の巡りを終える一ヶ月

2月18日に暦は「雨水」へ

星の世界ではうお座へと太陽が足を踏み入れます

 

「雨」と「水」

梅雨を連想するような名づけですが

冬から春へと陽気を発しながら

雪や氷がとけゆき

雨や水になることからきており

乾燥した空気が次第に潤いを帯びてくるこの時期は

「水」を象徴するうお座のエネルギーに満ちています

 

大気も水を含み

霞がたなびきはじめるころ

京都のあちらこちらを

梅の花がピンク色に染め上げていきます

 

26日にうお座で迎える新月

日本からは見えませんが

みずがめ座の季節の月食につづく金環日食で

次にはじまる時間へと続く

大きな節目のひとつ

 

水はいかようにも形を変えて

うねりながら自由に動きます

こうであるべきというしがらみを越え

さまざまな想いがまじりあいながら浄化され

ひとつになっていきます

 

あたたかな春の光が増えゆく中で

やわらかいヴェールをはずし

生まれ変わるかのように

魂から望むこと

もしかしたら自分も意識していないぐらい

ずっとずっと遠い昔から求めている願いへと

向かっていきます

 

それはあたらしい世界へうつりかわる

揺らぎの時間

あたたかくなったと思ったら

寒さが揺りもどったり

この季節の動きのように

わたしたちの内側も

行きつ戻りつ

でも確実に春の扉を開きにいこうとしています

 

3月に入り桃花神事が行われ

「啓蟄」を迎えます

まさに冬ごもりをしていた虫たちが

土の扉を押し上げて姿をあらわす頃

行き交う想いを確認しながら

ちょうどよいバランスを感じていきます

思い切ったやりとりをするからこそ

その奥にある大切なものが見えてくるような

キラキラとしたなにかを見つめる時間が

春先までつづきます

 

3月12日にはおとめ座で満月となり

まっさらなはじまりの時間の前に

自分自身を整えます

あたらしい時間で向かっていきたいところ

今までとは違った世界

寒さとあたたかさが入り混じった時間の中で

浮かび上がってきたことが

まとまりはじめ

さまざまな想いを癒していきます

 

春の光の量が増えながら

あらゆるものを包み込み

清らかにする一ヶ月

 

わたしたちの世界はなにかを分けていくことで

はっきりとした輪郭を帯びていきますが

この世界はどうやら

わけてもわけきれないものの方が多いようです

なにかとジブンを分けて得ようとするよりも

だれかに与えていくこと

春の霞のようにやわらかに

隔たりを越えていくことが

次に生まれ出る時間へと繋いでくれます

 

空気が切り替わっていく狭間の

桃花水が流れ出すスケールの大きな時間

 

すこしずつ春の色へと衣替えをするように

あたたかさの中でココロの内側も開いていきながら

流れのままに漂って

 

次回は「春分」

おひつじ座の時間にお会いしましょう

 

 

若杜 知美
ホロスコープセラピスト/ヨガ講師/ソムリエ

京都在住。

天体の流れを読むことや、ヨガやアーユルヴェーダを実践し教えることで、ひとりひとりが自然の一部であることを感じ、自分らしく生きる智慧を伝えている。また、京都坊主BARにソムリエとして従事し、わたしたちが暮らす日本の大地と自然の巡りによって育まれるワインを、造り手たちの想いとともに、日々出逢う人たちと分かち合うことを喜びとしている。
京都坊主BAR

http://bozubar.tumblr.com
 
 

photo

白川と雪柳