NIWA MAGAZINE

  1. exnibition
  2. trip

「12ヶ月の星ごよみ」vol.7 小満 文/若杜 知美

20160520

 

 

vol.6  小満 2016/5/20-2016/6/20

 
 

すべてのものが躍動し

命が満ちあふれる

春から夏へのグラデーション

 

5月20日の「小満」に

太陽がふたご座へと軽やかに足取りを進めます

 

5月22日は鞍馬寺・五月満月(ウエサク)祭

天と地に光の道をつくる満月の輝きに照らされながら

すっきりとした風が吹きテンポが変わります

そしてじっくりと味わうようなひと月の間に見直されたこと

特に自分の内にあるこだわりや

なにかを「持つ」ということに対して

今までと意識が変化したかもしれません

 

自分のカラダすら“借り物”だといわれます

自分のものだと思っていてもいつかはお返しするもの

そう思うとすべては愛おしく謙虚になる

その感覚にきづくまでには

もしかしたら「ある」ということがあたりまえすぎて

苦しんだり考えさせられたりするのかもしれませんが

味わうからこそ見えてきた本当に望む理想や

これから真剣に情熱を傾けていきたいことが

爽やかで軽快な動きとともに

はっきりとココロに浮かびあがるかもしれません

 

5月も終わりに近づく頃

布を美しく染めあげる紅花が咲き誇り

まるでココロの奥深くまでも紅く染め重ねていくように

思いが溢れ満ちていきます

でもその力を実際に扱いはじめるのはまだ先のこと

今はただ潜ったり巡ったりを繰り返しながら

清らかな手でその色に触れる準備をしています

麦の穂が実り

ビールや麦茶がおいしく感じられる衣替えの季節

6月5日に美しく輝くヴィーナスと重なりながら

月は光を落としていきます

 

自分の内側に棲むなにか似たものを見つけたとき

人は自然とそこに惹かれ

いつしかそれが線になり物語が生まれます

やわらかなココロと豊かな発想でモノゴトを見たとき

心地よい風が吹きはじめます

 

6月10日頃には伏見稲荷などで田植え祭がおこなわれ

蛍が水辺でほのかな光をやさしく灯します

飛び交うリズムのように人との関わりも弾み

自分がやるべきことへとスムーズに流れます

 

そして青い梅の実が黄色く色づく頃に

空からやさしく田んぼを潤す雨

その雨を受け止める器のように

青い宝石のような紫陽花が輝きます

まわりへと溢れる慈しみの気持ちが

自分自身もやさしく包み込みます

 

そして6月20日に再びいて座で月が満ちきります

ひと月前ぐらいに思い浮かんだ高い理想へと

大きく動きはじめる節目となりそうです

人との触れ合いやココロ揺さぶるものが指し示す場所へと

爽やかな風の中で散歩をするように

そして静かな雨の日は

時折まぶたを下ろし自分に問いかけてみる

すでに備わる知性に耳を澄ませ

新たなページをそっとめくりましょう

 
 

若杜 知美

ホロスコープセラピスト/ヨガ講師

京都在住。

子供の頃から星の世界に興味を持ち独学で学び、

ヨガやアーユルヴェーダの講師として、星のリズムを自分自身の生活に

取り入れながら、自然の流れに寄り添う暮らしをテーマにしている。

「星とワインのおはなし会」「ムーンサイクルヨガ」など

天体のリズムを意識し、心や体が自然と調和するワークショップを開催。

 
 

photo

雨に咲く天龍寺の額紫陽花