NIWA MAGAZINE

  1. exnibition
  2. trip

ワインと星と12ヶ月 vol.15「序章」

IMG_0301

2018/05/21-2018/06/20

 

あたらしい幕開け ~ 序章

 

ひとつの時間の纏まりをくぐり抜けながら

太陽の巡りは次の季節を知らせます

 

5月21日

暦では小満を知らせ

太陽はふたご座の一ヶ月がはじまります

 

太陽の旋律に呼応するように波打つ月のリズムは

5月15日におうし座での新月をきっかけに

特別な時間の幕開けを迎えました

 

7年という時間を締めくくり

新しい7年がはじまる

その序章の時間

 

新しい段階に合わせて

わたしたちはさまざまな形で

古くなったものを吐き出しながら

自分の器の中身を入れ替えていきます

 

まだそれははじまったばかりで

不慣れなようなタイヘンを経験するかもしれません

 

あらゆる角度から

パワーのあるテコ入れをするような動きも

あるかもしれませんが

ひと呼吸する度にクリアになりながら

これからのワタシの準備をしています

 

それはひとりひとりが

常識と思い込んできたことから解き放たれて

伸びやかに生きていくための本質へと

熱くエネルギーを注いでいくことから

はじめていくようです

 

5月29日にはいて座で月が満ちゆきながら

蝶が美しく羽根を広げるように

理想へと想いを自由に巡らせていきます

これからの長い物語に向けて

未知の世界へと旅をするように

おおらかな気持ちでココロに決めることが

あるのかもしれません

 

迷いが起きるとき

それはすべて

内に備わっている感覚が教えてくれます

 

価値や豊かさなど

決まった尺度で測れるはずがないもの

だれかがいつのまにか決めてしまっていたような

すでにある雛形ではなく

はじめて美しいモノに触れたときに感じる

細胞ひとつひとつが震えるような

内から湧き立つよろこびを

ただ純粋に信じていくようなところから

すこしずつそのカタチを

知ることができるのだと思います

 

物語はまだはじまったばかり

焦らずにじっくりと

大地を踏みしめながら歩きはじめます

 

爽やかにそよぐ風とともに

吸う息と吐く息とが

カラダの中を通り抜けながら

移り変わる流れへとふんわりと

ワタシたち自身も乗せられていくようです

 

 

 

20180521

 

+recommended wine+

 

COCO FARM & WINERY

Petit Manseng 2015

 

栃木県足利市にあるCOCO FARM & WINERY。ワイナリーに着くと一面に急斜面の葡萄畑が広がっているのを目にすることができます。今から60年前、当時の特殊学級の中学生たちとその担任であった川田昇さんによって開墾された土地。当時、平らな場所を手に入れることができずに山奥の急斜面に開墾するしかなかったこの場所は、結果的にワイン用の葡萄にとって好環境でした。そして障害がある子供たちにとっても、無心に土に触れ、葡萄や微生物の声に耳を傾けながら、待った無しの自然の巡りの中で心身ともに健やかに働く場所として、大きな役割を果たし続けています。

 

急斜面ゆえに除草剤を撒かない畑での細やかな作業はたくましい農夫となった彼らが五感をフルに使いながら行います。機械が入ることのない柔らかい土には、多様な草花や虫や動物たちなど、あらゆる生命が共存し、その土地に適した葡萄品種が植えられています。栽培から醸造まで、自然に敬意を払いながら、そこにいる人たちがあらゆる違いを越えて、世界に誇る洗練された数々のワインを生み出しています。

 

今回紹介するプティ・マンサンは、香りからもうっとりとするような果実味を豊かに感じることができ、甘さと酸味、香ばしさがほどよくバランスするリッチな味わいで、黄金色のとても美しいワインです。足利の蒸し暑い環境の中で、この土地に適した葡萄を探し求めて出会ったのがこのプティ・マンサンという品種。この足利の畑だからこそ生まれる奥行きのある味わいは、口元にグラスを運んだ瞬間にとても豊かな気持ちにさせてくれます。それはわたしたちの内にすでにある豊かさを、じんわりと感じさせてくれるようでもあります

 

若杜 知美

ホロスコープセラピスト/ヨガ講師/ソムリエ

 

京都在住。

天体の流れを読むことや、ヨガやアーユルヴェーダを実践し教えることで、ひとりひとりが自然の一部であることを感じ、自分らしく生きる智慧を伝えている。また、京都坊主BARにソムリエとして従事し、わたしたちが暮らす日本の大地と自然の巡りによって育まれるワインを、造り手たちの想いとともに、日々出逢う人たちと分かち合うことを喜びとしている。

 

京都坊主BAR

http://bozubar.tumblr.com