NIWA MAGAZINE

  1. exnibition
  2. trip

ワインと星と12ヶ月 vol.19「終わり。はじまり。」

44646661_628304714233766_4542223130097090560_n

 

2018/10/23-2018/11/21

 

 

一年かけて奏でられてきた交響曲が

勢いを増して

最後のクライマックスへと移行していきます

 

10月23日

太陽がさそり座へと移動し

秋の盛りのシーズン

暦は「霜降」へと切り替わっていきます

 

昨年の秋からはじまった壮大な音楽

それは

深く深く

わたしたちの肉体に

魂の奥へと

静かに

でも熱いほとばしりのような熱量で

繰り広げられてきて

 

長い長い時間意識にのぼっていなかったこと

それはもしかしたら

世代や

何回もの生まれ変わりの時間をも越えて

引き継がれてきている

大切ななにかかもしれないけれど

そんなところへと結びつきながら

ずっと石のように固まっていたようなものすら

動きはじめるような感覚を

どこかに感じているかもしれません

 

終わりと

はじまりと

いのちの循環は

いつもそれを繰り返しながら

次の豊かさへと

再生されていくものですが

この一年は

そんな力強い根っこからの転換の流れの中にあり

その終盤の時間

 

あたらしい次の時間へとグラデーションのように

音が変化していく中で

昨年秋からの自分の中で奏でてきた音楽へと

耳を澄ませてみると

これから先に信じていきたいもの

その先に向かっていきたい道筋が

月あかりがまっすぐと道をつくるように

見えてくるようです

 

真実とは

なになのかということは

見えていないところにあるのかもしれません

その普段は手の届かないものへと触れるためには

濃密な

もしかしたら

一度自分からなにかを失ってしまうような感覚すら

覚えるものなのかもしれません

そこを潜り抜けて見えてくる

本質の雫のようなもの

 

そんな時間を締めくくるような

優美で美しい最終楽章が

いよいよはじまります

 

赤く何層もの色彩で染め上がる

夕暮れの空を眺めるように

自分自身を慈しみ愛でる一ヶ月となりますように

 

 

 

 

+recommended wine+

domaine tetta

Cabernet Franc 2017

 

岡山県新見市哲多町。標高400メートルの小高い丘にある、ミュージアムのような洗練された美しいワイナリー。日本でも珍しい石灰岩土壌のこの地を葡萄畑として蘇らせ、できるだけワインに負荷がかからないように設計された醸造所で美しいワインたちが造られています。オーナーの高橋竜太さんはもともと建設業を営まれている方。独自の視点で日本のワイン造りへと情熱を賭けていらっしゃり、ワインと食をテーマにしたイベントを開催するなど、ワインを通じてこの地へ人が集うような文化を育まれています。

時間が経つと変化していくワインの香りを味わいと。じっくりと味わう中でバランスが取れていく愉しみ。その深い余韻が秋の夜を一層やさしく包み込んでくれそうです。

 

 

 

 

 

若杜 知美

ホロスコープセラピスト/ヨガ講師/ソムリエ

京都在住。

天体の流れを読むことや、ヨガやアーユルヴェーダを実践し教えることで、ひとりひとりが自然の一部であることを感じ、自分らしく生きる智慧を伝えている。また、京都坊主BARにソムリエとして従事し、わたしたちが暮らす日本の大地と自然の巡りによって育まれるワインを、造り手たちの想いとともに、日々出逢う人たちと分かち合うことを喜びとしている。

 

京都坊主BAR

http://bozubar.tumblr.com