NIWA MAGAZINE

  1. exnibition
  2. trip

ワインと星と12ヶ月 vol.20 「空を飛ぶ鳥」

46781441_301125080731562_3261644206631813120_n

 

星たちがリレーをするようにたすきを渡し

目に映るもの

聞こえてくるもの

肌の感覚・・・

わたしたちの経験する世界も

織りなすように変化していきます

 

カレンダーは残すところあと一枚ですが

宙ではもう2019年の景色を

すこしずつ見せはじめてくれています

 

深く奥まった洞窟を巡るように

目を凝らして

今まで見えていなかった様子も

しっかりと見つめながら突き進んできて

もみくちゃになりながら

わたちたちが今

てのひらに受け取っているものは

自分の本当の姿に触れる力

 

痛みも醜さも

賢さも美しさも

ワタシのすべてをまるごと抱きしめ

信じてあげて

 

深くずっとずっと昔から望んでいたことへと

コミットして

人生が新たに動きだします

 

それは何度かの巡りの中で

見つめてきた真実のようなもの

 

その宝石を手に洞窟から抜け出た場所に

今立っています

 

必要のなくなった衣は脱ぎ捨てて

顔を上へ向けると

高く広がる青い空

その空が繋げてくれている未知の世界への旅が

まさにはじまろうとしています

 

旅は憧れの人へと近づくような

ココロ踊る想いを抱くと同時に

まだ味わったことのない冒険への

そわそわとした気分も併せ持つかもしれません

 

でもその冒険へと挑むための

必要な剣と地図は

この2018年の時間の中で

手にしているはずです

 

時代の流れが

海の波のうねりのように

大きく変化していく時間の中で

今は戸惑いを感じることもあるかもしれません

 

2019年の春ぐらいまでの間に

新しい時間に向けての心構えを

わたしたちはしようとしています

 

外の世界にあらわれる価値観やしくみが

大きく転換していく中で

自分自身の内側に輝く曇りのない望みは

なになのかを

あらためて知るのだと思います

 

そこに向かってまっすぐに自由に

エネルギーを注いでいくこと

そのフィールドは

今まで想定していたよりも

かなり広く遠いところまで

目線が広がります

 

まるでどこかを目指して

伸びやかに空を飛ぶ鳥たちのように

 

なににも侵されることのないワタシの旅

2019年の物語はもうはじまっています

 

 

 

20181126

 

+recommended wine+

 

BEAU PAYSAGE

la montagne 2014

 

「BEAU PAYSAGE」フランス語で”美しい風景”。

山梨県北杜市で岡本英史さんがワイン造りをされています。

葡萄が本来持っているそのままの味わいを映し出したワイン。

それはとてもシンプルなことですが、並大抵ではない地道な努力と

哲学に裏付けられたものでもあります。

ワインに限らず、目の前にあるものにどのような背景の物語が

潜んでいるのかということを大切にしている岡本さん。

’A glass of wine can change the world.’

ボトルにさりげなく添えられたメッセージには深い想いが込められています。

美味しさとはなにか。食べることは生きることに直結していますが、

わたしたちが本当に求めているもの、価値とは何なのかという命題は

2019年を生きるわたしたちにそのまま与えられているものでもあるように

感じます。

やさしくじんわりと沁みわたるメルローの味わいが、新たな一年への橋渡しを

してくれるような、美しい一杯です。

 

 

若杜 知美   ホロスコープセラピスト/ヨガ講師/ソムリエ

 

 

京都在住。天体の流れを読むことや、ヨガやアーユルヴェーダを実践し教えることで、ひとりひとりが自然の一部であることを感じ、自分らしく生きる智慧を伝えている。また、京都坊主BARにソムリエとして従事し、わたしたちが暮らす日本の大地と自然の巡りによって育まれるワインを、造り手たちの想いとともに、日々出逢う人たちと分かち合うことを喜びとしている。

 

京都坊主BAR

http://bozubar.tumblr.com