NIWA MAGAZINE

  1. exnibition
  2. trip

想・創・奏 sou/sou/sou 見る編 vol.03

bunko_caver_niwamazine
誰かに教えてあげたいお気に入りの本、ありますか?「この本いいよ!きっと○○ちゃんにぴったりの内容だと思うのでぜひ!」「この本に出てくるパリのカフェに行ってみたくて。今度一緒に行きませんか?」

「私はこの本を読んでちょっと人生観が変わったように思うの。もし良かったら読んでみて。元気出してね。」

「お誕生日おめでとう!この詩のように美しい年になりますようにと願いを込めて…この本を贈ります。」

などなど、メッセージを添えて、お気に入りの本を誰かに贈ってみませんか。

水平線、大地、海、星空、雪をイメージした文庫本のためのカバーです。
帯の部分にメッセージを書き込めるようにデザインしました。
bunko_cover_all
bunko_cover_pink_green
世の中にはたくさんの洗練されたグッドデザイン製品があり、どれもみな完成されていて美しいけれど、このブックカバーは、完成されていないものを創りたいという想いでデザインしました。そしてひとつひとつ手で穴を空けて、どんな本が誰から誰へ贈られることになるのだろうと想いを馳せながら作っています。贈る人が最後に手を加えることで初めて完成する、そんなものが創りたくて。
気持ちを込めたメッセージを添えて、丁寧に包んでリボンをかけて届けたら、きっとその本はスペシャルな一冊になるだろうと思うのです。なぜならば、買っただけのものに心を吹き込み、あなたの手によって創り上げられた、世界にひとつのギフトだからです。
誰かに何かを贈る”ギフト”。それは相手の喜ぶ顔や驚く顔を思い浮かべながら、何を贈ろうかあれこれと考える、そんなワクワクした時間が自分にも訪れるもの。贈る人も受け取る人も、みんなハッピーになれるから、ギフトっていいものですね。ほんのちょっとのひと手間で、小さなギフトが大きな思い出になる。
ぜひ、心のこもったメッセージを添えたギフトで喜びを奏でてみてください。