NIWA MAGAZINE

  1. exnibition
  2. trip

言葉には力がある  文/小川敦子

BEIGEGE 001

かつて、あるひとつの空間をHawaiiの100の言葉で埋め尽くしたことがある。天井から吊るされた、おまじないのように魂が込められた言葉の数々。人から人へと伝承された重みのある言葉の響き。それは、情報が溢れすぎるほど溢れ、言葉をいやという程見過ぎている人たちにとって、言葉本来のきらめきみたいなものを感じ取ってもらえたら、という願いからだった。
言葉には、力がある。
魂がある。

人のこころをよくもわるくも、とげとげさせたり、まあるくしたりする。一言がこころに深く突き刺さる。一言がこころをふんわりさせる。言葉に潜む魅力。こころを込めて言葉を発し、また、一言一言をじっくりと受け止める意識を持つこと。それが、言葉で溢れかえる世界にいる私たちにとって、いま必要なことに思えてくる。

I ka ‘ōleo no ke ola, ika’ ōleō no ka make
言葉には、力がある