NIWA MAGAZINE

  1. exnibition
  2. trip

香りを創る vol.7 文/Chikako

 

photo 1

年末年始恒例のお手伝いが終わった。年始早々東京を離れみなかみのアトリエでお香サンプルを製作することにした。お天気にも恵まれ、この時期としては珍しく、外はいつもより暖かく過ごしやすい気候だった。今年初の香りを一つ作り終えた後、連れとアトリエ周辺を散歩する事にした。観光客がいる夏の頃とは打って変わり、今回は川の様々な表情を観察する事が出来た。(静寂な一面、深い緑と青の美しい色彩のレイヤー、透き通る水、そして川の音)少し歩いた所で、丁度座るには良い大きさの石を見つけ、そこで一休みする事にした。遊歩道を歩いていた時には感じなかった、自然の香りが川の流れと共に上流から流れてくるようだった。私は、全身でその香りを感じた。フランスでも川沿いを度々歩いていたけれど、同じ香りはしなかった。光、土、水、湿度、全ての衣を纏ったかのように風と共に流れて来る様は、やはりここは日本なのだと感じる。

 

連れが言う。自然はどんな状況でも均衡を保つ。そして、川の中で石を積み重ねて見せてくれた。ほらね、川の水はもう抜け道を見つけたのだと。荒々しい流れの傍らでは、水面に映る光の瞬きの美しさがあり、強さと美しさは共存していた。そして、その先はとても穏やかな流れが続いていく・・・。私は最後に丸い石を積み重ねて置きその場を後にした。

 

photo 2

一つ一つ石を積み重ねる様な気持ちと自然の恩恵を受けて製作出来る事に感謝しつつ、今年もチャレンジしていこうと心に決めた。

 

 

Chikako
インセンスプロデューサー、クリエーター。
多摩美術大学で染織を学ぶ。その後テキスタイルデザイン事務所にてテキスタイルデザイナーとして従事。
2012年単身フランス・グラースにあるGrasse Institute of Perfumeryにて香料や香水の歴史、調香を学ぶ。2014年7月東京香堂Tokyo-Grasseの活動開始。
http://www.tokyo-kodo.com