NIWA MAGAZINE

  1. exnibition
  2. trip

食と色彩、そして実験 vol.2 文/嶋田葉子

niwa_柿2

柿のコンポートxスパイス
今月の実験

完熟の柿とスパイスのコンポート。

 

柿。

しゃきっとした食感と果汁のバランスが良い食べ頃の柿も魅力的ですが

皮から実が透き通る程に熟し、濃厚な甘さになった頃にスプーンですくって

食べるのが実は一番好きな食べ方だったりします。

旬の果物は素材の甘味活かしたいので完熟まで待って一番美味しくなる頃合いでいただくと甘味が増してたっぷりの果汁だけで十分な甘さの贅沢なスイーツになるのです。

 

今回は旬の柿にひと手間かけて更に長く楽しめるように、

これからの時期ぴったりな保存のきくコンポートに。

コトコトと火にかけるのは秋の夜長にぴったりの作業。

キャラメルの様なコクのあるメープルシュガーを使ってシロップを作り、

バニラビーンズとラム酒を加えたら皮をむいた柿と一緒に弱火でコトコト...

シロップがよく染み込んで実が透き通った頃に火を止めそのまま冷まして

シロップを更に含ませる。

瓶にシロップごと入れて保存しておくといつでも食べたいときに

器に盛れば立派なデザートに。お好みでナツメグ、シナモンを添えて。

朝食のヨーグルトに添えたり、

ラムレーズンアイスクリームを添えてほうじ茶とともにおやつにも。

夜の読書のお供にほんの少しブランデーを加えた紅茶やホットワインと

合わせるのもお楽しみの一つ。

手軽に作れるタルトやチーズケーキにもぴったり。

時間は少々かるけれども、

部屋中立ちこめるバニラの甘い香りで包まれながら、

出来上がりまでたまった読みかけの本をよみつつ待つのもこの時期ならでは

の贅沢な時間。

おまけにこの変貌自在のデザートが冬まで長く楽しめるとくれば...!

 

旬の食材と色彩。

様々に試行を重ねながら、そこから受けるインスピレショーンに

自分の五感を忠実に織り交ぜ「美しい食」を生み出す

labo85の食の実験。

まだまだ、これからはじまったばかり・・・

 

 

labo 85/嶋田葉子 プロフィール

旬の素材を使った料理研究やケータリングを行う
「labo 85」主宰。国内海外のオーガニックレストランでの調理やケータリング、
インテリアショップでの勤務を経て現在に至る。期間限定カフェや
レストランメニューの開発など国内、海外問わず幅広く活動。
オリーブオイルソムリエの資格を生かしてさまざまな素材に合うオリーブオイルを
提案するメニューなども研究中。

www.labo85.com