NIWA MAGAZINE

  1. exnibition
  2. trip

茶をあじわう 文/小川敦子

ootaki 033

 

縁あって、煎茶道という茶道に触れさせて頂く機会を得た。急須に少量の湯、茶葉を淹れ、おちょこぐらいの小さな器に凝縮された茶のエッセンスを注ぎ入れる。お茶は飲むのではなく、味わうもの、ということを初めて理解した。そう、お茶は飲むのではない。お茶のうまみを舌で感じ、香りを嗅ぐ。五感で感じながら味わう、そのひとときを楽しむ。そして、本当に美味しいお茶を淹れるためには、全神経を集中させることが求められる。茶葉の量、湯の温度、そして、注ぎ込む間合いを読む。その条件が全て揃ったときに「美味しい」という一言が得られる茶を淹れることができるのだ。美しい味のお茶。それは、共に茶を味わう人のことを想い、心を込めて、丁寧に行う「作法」から生まれるもの。

 

「最近は、本当に美味しい茶葉を手に入れることが難しくなった」と、宗匠がつぶやいた。最近、流通している茶葉のほとんどは、香りとうまみを引き出すため、茶の樹に薬で負荷をかけているのだという。それは、舌で「苦い」と感じる、えぐみとなる。では、美味しい茶葉は、どのようにして出来上がるのか。「水と光と風、そして、土。全ての条件が整うこと」。そう教えてくれたのが、島根県松江の「宝箱」という茶園の方だった。小高い山の上ですくすくと育つ茶葉は、ちょうど良い太陽の光と風を浴びて育つ。自家製の堆肥を使う、農薬を一切使わない循環型の農法。そして、茶葉を蒸す水にも、気を使う。山の湧き水を使い、仕上げるという。生産者の丁寧な手仕事によって、出来上がる茶葉。美味しさの基本は、ここにある。

 

かの有名な岡倉天心の「茶の本」にも書かれているが、茶と宗教を切り離して考えることはできない。きっと、色々な解釈があり、ご意見があることと思うけれど、「茶と禅」の結びつきに個人的な興味を引かれるのだ。宗教的儀式としての、茶。禅は、サンスクリット語で「瞑想」を意味する。瞑想により達することのできる、本来の自分との出会い。心を静かに保ち、ただ茶を淹れるという一点に集中することは、瞑想のような清らかな行為のように感じる。さらに、お点前や作法には、相手を想う心が伴う。互いを許し合い、受け入れる。東洋的美意識 =「調和の心」という本質に立ち返ることに、色々なヒントが隠されているのではないか、と。

 

美味しいとは、何か。

一杯の茶について考えるだけでも、見えてくるものがたくさんある。茶の世界の奥深さ。その探求は、まだ始まったばかり。